経営に役立つコラム

Column

2022.06.03

目標を達成する組織・部署・チームが行っていることとは?

毎年目標を立てるものの、未達で終わってしまうことにお悩みの方も多いのではないでしょうか。今回は組織や部署・部門・チームで掲げた目標を確実に達成するためのポイントをお伝えいたします。

ご質問│毎年、目標を立てていますが達成せずに終わってしまいます…

多くの方からいただいているご質問にお答えしていきます。

<今回のご質問>
毎年部門目標を作っています。気づけば掲げているだけで1年が終わっています。どうしたら部門目標が機能するでしょうか?

まずは部門目標を持たれていることが素晴らしいことです。ご質問の通り、次は、どのように達成していけばいいか、という問題が生じてきます。

【動画】部門目標どうしたら達成できるの!?

まずは個人目標を持たせる

取り組むことは、組織や部署・部門で立てた目標達成に向けて、一人ひとりに目標を持たせることです。部門に所属する一人ひとりが部門目標を達成するために自分は何をするか、という目標をもってもらうことは非常に大切なことです。

部門目標に対する個別の目標を立てる

目標を立てて終わりになってしまう理由

部門目標を掲げているだけで終わってしまうのは、その目標に対してのスタッフ一人ひとりの具体的な取り組みがないからです。掲げていても、みんなが自分事にならないので、何も変わらないのです。

具体的な取り組み目標がなければ、行動に移せません。移せなければ、当然、確認・評価・振返りはできません。

個人の目標達成は組織の目標達成の第一歩

まずは掲げた部門目標に対して、自分の立場で何ができるのか考えて一人ひとりの個別の目標を立てましょう。

一人ひとりの目標が達成されれば、自ずと部門目標は達成できるはずです。しかも、誰かひとりの頑張りで達成するのではなく、皆を巻き込んで部門目標を達成したということになるわけです。

個別目標の立て方

部門目標に対する個別目標(具体的な取り組み)は、3Wで考えましょう。

3W

=誰が
=何をする
=いつから、いつまで

個別目標を3Wで考える理由

一般的な5W1Hや5W2Hは、少し複雑です。内容が複雑になると行動に移しにくくなります。見るべきポイントが増えすぎてしまって結果やりきれない、ということになります。

確実に行動に移し目標を達成するには、なるべくシンプルにすることが重要なポイントです。

個人目標を立てる際のポイント

3Wで具体的な取り組みを決めるのですが、抜けがちなのが「いつから、いつまで」の期日を表す部分です。特に「いつから」が抜けがちです。これをしっかりと決めないといつまでたっても動き出しません。

目標を達成するための重要ポイント

また、具体的な取り組みの進捗を確認する・振返る機会を作ることも重要です。個別目標を掲げても、取り組みはスタッフに任せきりでは、個別目標の達成、ひいては部門目標の達成は難しいでしょう。

進捗確認の日程は事前に決める

取り組みの進捗を確認する・振り返る機会は、「いつするのか」を決めておくことをお勧めします。

例えば、毎月5日とか、毎月第1水曜日など日にちを決めておくと機能しやすくなるでしょう。時間が出来たらやろう、空いた時間にやろうというのは、だいたい先送りになりやすいものです。

もちろん急な用事が入ったならばその時にスケジュールを変更すればいいわけです。日程を決めておくことで皆が意識しやすくスケジュールを組み立てやすくなります。

「いつから」を意識させる

このように「いつから」を意識させることで、スタッフ一人ひとりの取り組みは「行動」→「確認」→「振返る」という流れ、仕組みができてきます。この仕組みにして継続することが目標達成のための重要なポイントとなります。

個別目標を掲げて、確認・振返りするだけでも部門目標の達成率は飛躍的に上がります。ぜひ、実践してみてください。

ご質問を受け付けています

経営に関するお悩みや疑問などがありましたら、ぜひこちらにお寄せください。
「成長の三要素Q&A」宛

経営のお役立ち情報を配信中!

G.S.ブレインズグループでは、皆様の経営に役立つ情報を定期的に配信しております。
最新情報は登録無料のメールマガジンでお知らせいたします。

関連記事

落合嘉寛

お役立ち情報を発信していきます

落合嘉寛

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

HPを見てお電話した旨をお伝えください

くろじになる